小児矯正のメリットとは │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

小児矯正のメリットとは

未分類

2013.4.20

やはり大人の歯に生れ変わる前の子供の歯は、誘導が大人に比べて容易であるため、矯正期間も短くて済むので、なるべく小さいうちから矯正をすることをおすすめしています。
小さい子供さんの場合、夜寝る前だけ装置をつける矯正方法でも有効な場合があります。小児矯正を始める時期としては、子供さんの上の前歯が2本、下の歯が4本生えていれば、いつでも矯正を始めることができ、7歳ぐらいが目安になります。この段階で歯並びを綺麗にしておけば、永久歯が綺麗に出てくるので、大人の歯になってから矯正の必要が生じた場合も、スムーズに治療することができます。
子供のうちから準備をしておけば、治療期間も短くて済み、体の負担も軽減でき、結果的に治療費も安く抑えられるメリットにもつながります。あまり痛みのない矯正治療ですが、子供さんは歯医者に行くことを嫌がることがあります。当院では、きちんと子供さんの目線に立ち、無理をせず、子供さんのペースに合わせて治療を進めていきますので、安心して治療を行って下さい。

TOP