矯正治療の進め方とその流れ │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

矯正治療の進め方とその流れ

未分類

2013.5.28

受け口や歯と歯の間に隙間、ひどい八重歯でお悩みの方は少なくありません。
「子どものころに歯列矯正をしておけば良かった」と後悔されている方も多いかもしれません。

基本的に重篤な歯周病などがない限り、年齢に関係なく歯列矯正は可能です。
ただし、矯正できるまでには、口内環境を整える必要があります。
虫歯や歯周病がある場合は、矯正前に治療が必要です。
ここで虫歯などが多いと、その治療にある程度時間を要します。

矯正の方法にはいくつか種類があるので、その方の歯並びや歯や顎の状態をレントゲンで確認して、その方に合った治療方法で、治療計画を立てます。
まずは、補助装置を使って矯正治療をはじめます。
この時マウスピースを造ります。
マウスピースができたら、本格的な治療がスタートします。
1ヶ月半から2ヶ月ごとに通院していただいて、歯の動きをチェックします。
矯正が終了するまでには平均2年から3年を要します。
定期的に歯の動き具合をチェックし、歯が移動したところで、保定装置を使って保定します。

歯列矯正にはこのようにかなり時間を要します。
歯列矯正についてわからないことなどあれば、お気軽にご相談ください。

TOP