膨大なデータを持つ治療方法 │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

膨大なデータを持つ治療方法

未分類

2014.4.16

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。

歯列矯正をするかどうかで迷っている人は多いでしょうが、いざやろうと決めた人ももうひとつ考えなければいけないことがあります。
それは、矯正治療の方法。一口に歯列矯正と言っても、その方法は様々なのです。

我々はマウスピース型の矯正器具を使ったインビザラインという治療に力を入れています。
インビザラインには従来の矯正治療と比べ、いくつかのメリットがあります。
今日はそのうちのひとつについて、お話しようと思います。

インビザラインは1997年にアメリカで始まった比較的新しい治療ですが、これまで何百万という症例データを分析しながら進化してきた治療方法でもあります。
膨大なタイプの歯並びついてのノウハウが詰め込まれた方法であると言えるわけです。

そのため、歯並びを美しく整えるため、歯の移動を必要最小限にとどめることができる治療法でもあるんです。
これによって動かす必要のない歯へのダメージも減らすことができますし、緻密な計画と柔軟な対応力を持てる治療法となっているのです。
ご興味のある方は、症例数国内トップ10に入る当院にご相談ください。

TOP