インビザラインのデメリット │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

インビザラインのデメリット

未分類

2014.4.18

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。

このブログではインビザラインをご紹介し、おすすめしてきました。しかし、この器具も万能というわけではありません。
いい部分ばかりご説明するのはフェアではありませんので、今回はデメリットについてもお話します。

まず第一に挙げられるのは、簡単にサボることができる、という点。
一般的には1日20~22時間の装着が必要とされていますが、自分で外すことができる器具ですので、その気になればいくらでもサボれてしまうのです。

また、食事の際などにはマウスピースを外す必要があります。
そのため、特に会食などが多い方ですと、その手間が面倒になってしまうんです。さらには装着時間も短めになってしまいます。

食事以外では歯みがきの際に器具を外すのですが、その時にはマウスピースにも掃除が必要です。こういったケアを怠けてしまうと、虫歯や歯周病のリスクが上がってしまいます。

ざっと言うと、こんなデメリットがあるわけです。
もちろんこれらを差し引いても、メリットが大きいと言える治療法ではあります。
ご相談をいただければ、悪い部分も含めて、きっちりとご説明いたします。

TOP