不正咬合のデメリット │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

不正咬合のデメリット

未分類

2014.5.15

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。

私たちは、ご存知の通り、みなさんの歯並びをキレイにするお手伝いをしているわけですが、そもそもなぜ歯列矯正をする必要があるのでしょうか。
改めて、歯並びが悪いことで起き得る問題点についてご説明しようと思います。

見た目の印象がよくないことや、歯みがきがしにくく虫歯や口臭の原因になるというのは、どなたでもイメージできると思います。
それだけでも十分に矯正治療を受ける理由にはなりますが、ほかにも厄介な問題があります。

例えば、歯並びが悪いことで顎や首の筋肉に余計な負担がかかるという点が挙げられます。
するとどうなるか。肩こりや頭痛を引き起こすことになりかねないのです。慢性的に肩こりや頭痛を抱えるのは、ひどく厄介です。

また、噛み合わせが悪ければ、歯ごたえを感じにくく食事の楽しみを損なってしまいます。
さらに、食べ物をしっかり噛めないことで消化力の低下にもつながることにもなりかねません。

不正咬合による弊害というのは、ほかにも枚挙に暇がありません。
歯並びが悪い状態を放置しておくと、じわりじわりとみなさんの身体に不具合を引き起こしていくのです。

TOP