器具が外れた後も…… │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

器具が外れた後も……

未分類

2014.5.16

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。

矯正治療に関するよくある勘違いに、ワイヤーにしろマウスピースにしろ、装置を外したらおしまい、というものがあります。
でも、実はそうじゃありません。そのあとに、大切な大切な作業が残ってるんです。

それは「保定」と呼ばれるもので、簡単に言うと、いい位置に動かした歯をその場所にとどめておくための工程です。
これをやらないと元の木阿弥というやつで、歯は元の位置に戻ろうとしてしまうんです。

この保定の期間が終わって、矯正した歯がベストの位置に固定される。このときこそ、矯正治療が終わるときです。
また、当院では、保定期間が終わったあとも定期健診を行っています。
虫歯や歯周病があると歯が動いてしまうことがあるため、定期健診によってそういった事態を予防していきます。

せっかく長い時間をかけ、高いお金もかけて矯正しても、再び歯が動いてしまっては意味がありません。
努力を無駄にしないためにも、しっかりアフターケアをしていきましょう。

TOP