小さなお子様に対する院長のポリシー │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

小さなお子様に対する院長のポリシー

未分類

2014.6.18

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。
今日は、私のお子様に対する治療のポリシーをお話します。

インビザライン治療をお考えのお子様の場合、上の前歯2本と、下の前歯4本が生え揃った頃、年齢でいうと7歳~8歳ぐらいの早期に始めるのが一番の理想形です。
この時期にスタートすると、そのあと生えてくる永久歯がきれいに生え揃ってくるのです。

でもまだこの時期となると乳歯もたくさん残っている訳でして、もう少し大きくなってインビザライン治療をはじめた方よりも、長きに渡るお付き合いになるケースが多いのです。

正直、歯医者さんが好きな人なんていないんです。
特にこの年齢のお子さんですと、尚更ですよね?
虫歯治療なら早ければ1回で終わってしまいますから、泣き叫んだとしても、その場がどうにかなれば良いという考え方の先生もいるかもしれませんけど、インビザライン治療の場合は、そうはいきません。

だからこそ、ファーストコンタクトは大切と考えています。
最初から嫌われては、私は構わないとしても・・・患者様であるお子様の治療に対する精神的負担が大きくなってしまいます。
初回は、遊びに行くぐらいの感覚でご来院ください♪

お子様を不安にさせないように、無理強いはしません。
お子様の気持ちを汲んで、お子様のペースで進めていきます。

TOP