8020運動 歯列矯正で歯の寿命をのばしましょう │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

8020運動 歯列矯正で歯の寿命をのばしましょう

未分類

2014.11.8

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。
先日「8020運動」についてと、歯並びが悪く、ブラッシングケアが行き届かないという事は、8020運動という推進運動を実現する上で、リスクとなるというお話をさせていただきました。
実は、「歯並びが悪く、ブラッシングケアが行き届かない」という事以外にもう一つ、8020運動と歯列矯正の関係性として、見逃してはならない事がございます。
今日はこの点について、お話していきましょう。

日本人も、予防歯科に対する意識が高くなり、虫歯や歯周病に関しては注視している方が多くなりました。
しかし歯列や咬み合わせとなると、比較的スルーしている方が多いのです。
よほど、見た目が悪ければ気にすると思いますが、逆を返せば、見た目的に問題が無ければ、「治す必要はない」と考えている傾向が強いです。

しかし、歯並びが悪かったり咬み合わせに問題がある場合、たくさんある歯の一部の歯に、必要以上の負荷がかかっており、その負荷が長年に渡ると、最終的にはその歯を失ってしまう可能性が高くなってしまうのです。
80歳まで健康な歯を少しでも多く残すためには、インビザライン治療で歯並びを治し、咬み合わせを正常な状態に戻してあげる事が重要なのです。

TOP