【衣住食】 食事を楽しむにはインビザライン治療 │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

【衣住食】 食事を楽しむにはインビザライン治療

未分類

2014.11.23

こんにちは。所沢市のまつおか矯正歯科クリニック神谷医院院長の神谷です。
人間が生活する上での基本ベースは、衣住食です。
人には最低限の食事、衣服、住居が必要であるという事はもちろんですが、これらがそれぞれ豊かであると、その人の人生も、豊かな方向に向かうという基本ベースであると私は考えます。
つまり、「最低限」がクリアポイントではなく、これらが豊かである事が日々の生活のゴールだと。

特に、私などはまさしくそうなのですが、食事に関しては、豊かであれば豊かであるに越した事はない、という感覚です。
洋服や住まいよりも、食事の優先順位が高いという感じかな?
これは私の個人的な感覚ですけど、同じように感じている方って意外と多いのではないでしょうか?

そんな食事ですが、やはり美味しく食べるには、健康的な歯、そして正常な咬み合わせが重要になってきます。
その為には、歯科治療そして歯列矯正治療となるわけですが、歯列矯正の為に、取り外しがきかないワイヤー矯正にしてしまったらどうでしょう?
口内に異物がある状況での食事となりますので、食事の時に違和感があります。
食べ物が、矯正器具に詰まってしまう事も多いです。
要は、食事の際の不快感は否めません。
その点、インビザラインであれば、食事の時は取り外せますので、いつも通りの食事が楽しめます!

TOP