海外のアワードセレモニー │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

未分類

海外のアワードセレモニー

未分類

2015.3.16

先日、知り合いのご夫婦と会食をする機会がございました。
その奥様のほうから、「こんなことだったら、早めにインビザラインで歯並び治しておけばよかったわ!」といわれたお話を、ちょっとご紹介しますね。

ご主人は、某有名企業のヤリ手ビジネスマンで、比較的頻繁にお仕事で海外へ行かれています。
しかしその逆で、奥様のほうは専業主婦で、飛行機があまり得意ではないということもあって、海外旅行経験は新婚旅行以来ナシという方です。
この度、ご主人のお仕事で、海外で行われる、ある大きなアワードセレモニーに出席しなければならなくなり、それに奥様もパートナーとして同伴しなければならなくなったそうなのです。

奥様からすると、大変ハードルが高いお話だったそうで、英語が話せない、飛行機の長時間フライトが辛い、海外のパーティ経験なんて当然ない・・・などなど、気を揉んでいらして、その中の一つに、「歯並びが悪い」という項目もあり、先ほどのお話をされていました。
私のお知り合いなので、諸外国の方が、歯並びの悪さをどのように感じているのかは、理解してらっしゃるので・・・。

日本はグローバル化が進んでおります。
この奥様のように、まさか!という海外での正式な場に、突然出なければならなくなることも、考えられます。
歯列矯正治療は整形手術ではないので、すぐには変わりません。
いざというときのために、歯並びは早めにインビザラインで治しておきましょう。

TOP