不正歯列の種類<開咬> │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

院長コラム

不正歯列の種類<開咬>

院長コラム

2015.9.6

まつおか矯正歯科クリニック神谷医院、院長の神谷です。

今回は開咬についてお話ししていきます。

開咬とは奥歯でしっかり噛んでるのに前歯が噛み合わず開いてしまってる状態のことを言います。

原因は長期に渡り指しゃぶり、哺乳瓶の使用をしていたり、ペンなどを前歯でかじる癖が挙げられます。大抵は悪習癖が原因になります。

開咬の場合、前歯から空気が漏れてしまい発音障害がみられます。
また、顎を動かす時の咀嚼筋の負担が大きいことから顎関節症になりやすくなります。
開咬によって舌を前歯の隙間に入れてしまう悪習癖もおこります。

まつおか矯正歯科クリニック神谷医院では、みなさまのお口だけではなく全身の健康を応援しております。

当クリニックは日曜も17時まで診療しております。
無料相談も随時受け付けておりますのでお気軽に問い合わせください。

TOP