矯正前に治療が必要なケース │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

矯正前に治療が必要なケース

幅広い症例に対応しているインビザラインですが、いくつかの症例には用いることができません。しかし当院は矯正を専門とする歯科医院です。そのままではインビザラインを用いることのできない症例でも、一般的な矯正治療を行うことによって、インビザラインによる治療を可能にしています。

埋伏牽引

歯が歯茎や骨に埋もれてしまっている「埋伏歯」の治療は、インビザラインでは行うことができません。そこで「埋伏牽引」という治療を行います。埋伏牽引は歯肉を切開し、牽引具を露出した歯にひっかけることで行います。装置の引っ張る力によって、埋伏歯を徐々に外へと出していきます。

埋伏牽引

糸切り歯の埋伏牽引

糸切り歯の埋伏歯は3%という比較的高い頻度で発生します。糸切り歯は、噛み合わせや見た目に重要なので抜歯を避けたいところです。また、噛む際に奥歯がうけるダメージを和らげるという重要な役目をもっている歯でもあります。ですので、埋伏している糸切り歯は牽引することをお勧めします。

TOP