歯並びの健康を保つメンテナンス │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

歯並びの健康を保つメンテナンス

その他の矯正治療と同じように、インビザラインでも装置を外すと歯は自分の力で元の位置に戻ろうとします。理想の位置に歯を動かすだけでは矯正治療は終了しません。治療後は、リテーナーという保定装置を用いて歯を理想の位置に定着させていきます。

「歯の後戻り」が起こる理由?

歯に力を加えることで歯を動かし、理想の歯並びを実現していくのが矯正治療です。マウスピースによる矯正治療に限らず、装置を外すと歯に加えられていた力がなくなるので歯が元の位置に戻ろうとします。加えて、歯を舌で押す癖や唇を噛む癖も、歯に不適切な力が加わるので理想的な歯並びが乱れてしまう原因となります。このような歯の後戻りが起こるのは、歯を支える顎の骨が十分に固まっていないからです。歯を動かす矯正治療の場合、歯が動く方向の顎の骨が溶け、動いたあとには骨が再生していきます。せっかくお金と時間をかけて手に入れた理想の歯並び。動いた後には保定装置を用いて、顎の骨や歯茎内部を安定させ歯の後戻りを防ぎましょう。

「歯の後戻り」が起こる理由?

どのようにして「歯の後戻り」を防ぐのか?

患者様それぞれの歯並びに合わせて作製したリテーナー(保定装置)を装着していただくことで歯の後戻りを防ぎます。リテーナーには様々なタイプのものがありますので、保定期間も患者様のスタイルに沿った治療を行うことができます。

リテーナー

リテーナー

まつおか矯正歯科 神谷医院では、保定装置に「ビベラリテーナー:vivera retainers」を採用しています。ビベラリテーナーはインビザラインを開発・製作している米国アライン・テクノロジー社が提供する保定装置です。アライナー同様に透明で目立たないだけでなく、耐久性に優れています。

保定期間について

保定期間について

矯正治療が終了してから半年から1年にかけては、歯の後戻りが起こりやすい期間です。そのため、食事・歯磨きのとき以外はリテーナーを装着することを推奨しています。この期間を過ぎれば、歯の位置が定着してきます。定期的な経過観察のチェックで問題がなければ、リテーナーの装着時間を減らしていきます。最終的には週に1回夜だけのリテーナー装着で済むようになります。

歯並びが綺麗になったら

歯並びが綺麗になったら

インビザラインによる治療を終えて歯並びが綺麗になったら、歯自体も綺麗にしませんか? まずは歯の健康にも役立ち、お手軽に済ますことのできる「クリーニング」をお勧めしています。生活習慣によって沈着した色素や、ブラッシングで落としきれていない歯垢を落とすだけでも歯の白さは改善します。お気軽にご相談ください。

インビザライン(見えない矯正)ってなに?

インビザラインとは、「透明で目立たない」「取り外し可能」「痛みが少ない」などストレスを感じずに行えるマウスピース矯正です。現在、世界で500万人以上がインビザラインの矯正を受けており矯正の主流になりつつあります。埼玉県所沢市のまつおか矯正歯科 神谷医院は、インビザラインの症例数が日本でTOP10に入ります。

TOP