マウスピース矯正徹底比較 │ 所沢のまつおか矯正歯科 神谷医院

マウスピース矯正徹底比較

2019年5月より上新井歯科・矯正歯科に
移転・合併します。

移転・合併のお知らせ

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)と他のマウスピース矯正は
どこが違っているんですか?

メタルワイヤーとブラケットを歯に装着するこれまでの矯正治療と、マウスピース型の矯正治療は大きく異なります。マウスピース型の矯正治療は、目立たないうえに、取り外しが可能です。最新の矯正治療として脚光を浴びています。

そもそも、マウスピース矯正装置とは?

まずは、一般的にイメージされるメタルワイヤーによる矯正治療とは異なる「マウスピース矯正」について解説します。最も異なる点は歯に固定しないことです。そのため、矯正治療中にも取り外しができ、矯正治療中も違和感を感じずに食事や歯磨きができます。マウスピース矯正の装置はどれも同じに見えますが、治療方法や期間、効果には歴然とした違いがあります。

マウスピース矯正装置とは

一般的なマウスピース矯正

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)以外のマウスピース矯正では、歯が動くたびに歯型を採取する必要があります。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)以外のマウスピース矯正を体験した方は、その大変さについておわかりいただけると思います。というのも、歯型を採取する際には大きなトレーを口の中に入れて数分間じっとしていなければならないからです。この採取を2週間~1ヵ月に1回行うのは患者様にとっての大きな負担となります。

一般的なマウスピース矯正

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)について

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の治療では、最初に採取した歯型を3Dデジタル化し、理想的な歯並びを実現するまでの精密な治療計画を立てます。歯型の採取はこの1回のみなので、ほかのマウスピース矯正と比べて患者様の負担は少なくなっています。

歯型の採取

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のマウスピースは、最新のデジタル技術を最大限に盛り込んだアメリカのアライン・テクノロジー社の工場で治療計画を忠実に具現化して作製されます。再現性・正確性は他のマウスピース矯正と比べた際に歴然と異なります。しかし、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)にはこれまでの矯正とは異なる特有の知識・技術を要します。高い診断技術や、個人差をふまえた治療計画がなければ、望ましい効果は得られません。まつおか矯正歯科 神谷医院は数多くの症例をもつ医院だけに与えられる「ダイヤモンドプロバイダー」です。数多くの臨床経験をもとに、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のもたらす効果を最大化します。

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の特徴

  • 正確性・再現性が高い

    正確性・再現性が高い

  • 歯型採取は一回

    歯型採取は一回

  • 通院回数が少ない

    通院回数が少ない

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のマウスピースは、2017年までに世界80カ国以上500万人以上の臨床データを活用し、歯科医師の治療計画を忠実に具現化できる工場で作製されます。また、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)では歯型の採取は最初の1回のみです。レントゲン写真・口腔内写真などのデータも併用することで歯の移動をシミュレーションしていきます。通院回数も他のマウスピース矯正よりも少なく、治療が安定してからは1.5~3ヶ月に1回程度の通院で治療を進めます。

なぜマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は優れているのか?

マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を開発・製造するアメリカのアライン・テクノロジー社は、マウスピースに関する特許を中心に多くの知的財産を有しています。その特許数は2013年時点で全世界で550件以上です。そのため、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)のシステムは他のマウスピース矯正には真似することができないのです。この唯一無二のテクノロジーによる治療を求めて、アメリカ人の患者様の多くは矯正治療にマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を選択します。日本でもマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は脚光を浴びており、マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の治療を希望して来院される患者様は確実に増えています。

なぜマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)は優れているのか?

“マウスピース矯正で失敗をしたくない”
という方にお伝えしたいこと

  • 01マウスピース装着時間・交換時期を守る

    マウスピース型の矯正治療では、装置をいつでも取り外せることがメリットのひとつです。しかし、歯科医師の指示に従ってマウスピースを装着するといった自己管理ができないと計画通りに治療が進まないことがあります。

  • 02口腔ケアで虫歯や歯周病を予防する

    マウスピース型の矯正装置は歯磨きの際に取り外しができます。しかし、磨き残しがあったりマウスピースの洗浄が不十分だったりすると、マウスピースをはめている間に虫歯菌・歯周病菌が増殖してしまうことがあります。そのため治療中はそれまでより丁寧な口腔ケアが必要です。

  • 03症例数が多く経験が豊富な矯正専門医を選ぶ

    当院は、年間151人以上のマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)症例をもつ歯科医院のみに与えられる認証「ダイヤモンド・プロバイダー」を持っています。今まで多様な歯列をマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)で矯正治療してきた経験があります。マウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)を検討される際は、症例数や様々な歯列でのマウスピース型矯正治療法(インビザライン矯正システム)の治療経験があるかどうかを踏まえてクリニック選びをされることをお勧めします。

TOP